タカサキ男、浮気を疑うというとんでもない勘違いをするの巻

どうも小池です。前回の妻の浮気疑惑ですが、進展がありました。

あれから、疑惑が確信に変わるような出来事は起こりませんでした。気になるのは、スマホのバイブレーション通知(おそらくLINEの通知)が鳴る回数が以前よりも多くなっていることでしょうか? だからと言ってそのことを聞くのも憚れるので、何も聞けませんでした。でも、モヤモヤして晴れない気分。

こんな気分、続くのは嫌だ。そう思った私は、ある行動に出てしまいました。それが、浮気調査をお願いするということ。私の住む高崎市でも探偵に頼めば浮気調査をしてくれる探偵事務所があるそうで、以下のサイト

http://www.xn--8lt0vj3vhie8zbv08fitx.com/

ここを参考に探偵事務所を探しました。このサイトの管理人さんは高崎市の嘉多町に住んでいるらしく、とても親近感がわきました。その時はまだ浮気調査に踏み出そうとまでは思っていなかったので、保留していたのですが…

後日、この検索履歴が妻にバレてしまったのです! 妻に問い詰められ、おまけに娘にも問い詰められ、言い訳しようにもできずに、すべて本音で白状させられました。

妻はあきれた表情で真相を語ってくれました。なんと、トシ君というのは、最近仲良くなったママ友の子供(3歳)のこと! そして、LINEの通知が多かったのは、そのママ友とLINEをしまくっていたからとのことでした。(ちゃんと証拠も見せてもらいました)

全部私の早とちり、全部私の勘違いだったのです。はあ、でも本当に浮気してなくてよかった。捨てられないように、いい夫、いい父親でいることを心がけようと思います。一件落着でした。

平凡じゃない、ある出来事

どもども、小池です。いつものように平凡男の平凡日記を書きたいところなんですが、ちょっと平凡な日常じゃ無くなりそうな出来事があったので、ここで吐き出していこうと思います。もはや、このブログが憩いの場では無くなるかもしれません。

で、その出来事というのが妻の浮気疑惑です。今まで妻のことを疑うことは無かったのですが、どうしても疑わざるを得ない出来事があったんですよ。

それは、私がいつもよりちょっと仕事から早く帰った日のこと。金曜日で気分が良かったこともあり、お土産にたこ焼きを買って帰りました。早く帰れることは妻には知らせていませんでした。部屋のドアの前に立ちドアを開けようとしたのですが、いつもは妻が開けておいてくれる鍵が閉まっていました。早く帰ってきてしまったので、まだ空けてないのかなと思い、財布からカギを取り出してドアを開けようとしたとき、部屋の中から妻の話声が聞こえてきました。そこで、本当はいけないのですが、ちょっと妻の声に耳を傾けてみたんですよ。そしたら、「うん、うん、トシ君また会いたい。じゃあね」っという妻の声が…。え?トシ君って誰? また会いたいってなんだ? 聞いた瞬間に頭の中に色々な疑問と疑惑が湧きました。そのあとは何も知らないかのように装って普通にドアを開けて部屋に入り、いつもの平凡な日常を過ごしたのですが、精神的には全く平凡じゃありませんでした。

また会いたい? トシ君? まさか妻に男がいる? 今までずっと信頼してきて、互いに支え合ってきた妻をこのセリフ一言を聞いただけで疑いたくはありませんが、どうしても気になって気になって仕方ない自分がいます。はぁどうしよう。

平凡男、1人で不安な日々を過ごしております。