キャッシング比較オフィシャルサイト

アコムとプロミスを比較してみよう!

アコムとプロミスは常にライバルのキャッシング企業として消費者金融業界をリードしてきました。

 

現在、消費者金融会社は大手銀行やネット銀行などの新たなライバルを抱え、また、貸金業法などの新たな規制が増える中で試練の時代を迎えています。

 

その様な厳しい時代の中で、アコムとプロミスは銀行にはできないサービスに注力しています。

 

 

それは、顧客の利便性をとことん高めることで、スピーディーな審査と素早いキャッシングで顧客ニーズに答えることに他なりません。

 

カードローンの顧客がキャッシングに求める最も重要な要素はスピードで、誰でもカードローンでキャッシングする時は予定外の急なキャッシュのニーズが生まれた時と決まっています。

 

つまり、顧客にとっては1時間でも早くキャッシュを手に入れたい訳で、この様な場合に最も顧客が嫌うのは審査が遅いことなのです。その意味でアコムもプロミスも顧客のスピードを求めるニーズに答えようとしています。

 

 

但し、銀行のカードローンも含めてサービス内容のコンセプトは非常に似通ってきていることも否定できません。そこで、アコムとプロミスの他社にはない特色を含めて両社を比較してみます。

 

 

アコムのココがスゴイ!!

まず、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループがアコムの大株主となっており、アコムは長年の独立系消費者金融会社から、現在は三菱UFJフィナンシャルグループ系の銀行系大手消費者金融会社になりました。

 

そして、アコムのキャッシングの限度額は500万円までで、ローン金利は実質年率で4.7%〜18%です。

 

 

 

現在、他社にはないアコムの特色と言えるのは、大手消費者金融会社でクレジットカードを発行しているのはアコムだけということです。

 

特に、自動契約機「むじん君」を使って「アコムACマスターカード」に申込むと、「アコムACマスターカード」を即日受け取ることができます。信販会社やクレジットカード会社を含めて、即日発行されるクレジットカードは他にありません。

 

これはもともと、クレジットカードの審査は慎重に行われてきたからです。その意味で、クレジットカードを急いで作りたい人や、クレジットカードの審査に不安な人に向いています。

 

また、「アコムACマスターカード」はどこの銀行のATMでもキャッシングできることと、海外でもキャッシングできる優れものと言えます。

 

 

プロミスのココがスゴイ!!

一方、プロミスの大株主は三井住友フィナンシャルグループで、プロミスは三井住友フィナンシャルグループ系の銀行系大手消費者金融会社と言えます。

 

プロミスも長年の創業オーナーの経営から、現在は三井住友フィナンシャルグループ系の銀行系大手消費者金融会社になりました。

 

 

 

従って、アコムが三菱UFJフィナンシャルグループ系の銀行系消費者金融会社でプロミスは三井住友フィナンシャルグループ系の銀行系消費者金融会社ですから、親会社と子会社は共に厳しいライバル関係にある会社と言えます。

 

現在、プロミスのカードローン適用金利は年率4.5%〜17.8%で、アコムのカードローン適用金利は年率4.7%〜18%です。従って、プロミスのカードローン適用金利は、ライバルのアコムの適用金利よりも0.2%低い金利となっています。

 

また、プロミスは主婦や学生・パート・アルバイトの場合でも、社内の審査ポイントに合致する場合は融資を行っています。改正貸金業法の施行以来、主婦や学生・パート・アルバイトを門前払いする消費者金融会社が多い中で、プロミスの対応は目立っています。

 

自社の審査システムに自信を持つプロミスは主婦や学生・パート・アルバイトでも、個別の事情を考慮することで融資を行っているのです。また、プロミスの他社にない特色と言えるのは「30日間無利息キャンペーン」です。

 

「30日間無利息キャンペーン」は新規顧客がポイントサービスに加入すれば誰にでも適用されるサービスで、新規顧客の大きなメリットとして広く認知されています。